石徹白モデル、籐巻き漆仕上げ。

a0108792_1055661.jpg

ブログトップのタイトル画像が気になる人が多いらしいので紹介しておきます。
コスメの部分はあまり力を入れない吉田ロッドですが、やる気になればこのくらいのものは出来るっていう吉田ロッドの高級石徹白モデルです。
8フィート3インチ4番、3ピース、表皮モデル、籐巻きグリップ、桜材リールシート、シルバー金具、ウルシ仕上げ、と豪華ワンオフ仕様です。
ほんとは表皮モデルにウルシまで塗る必要ないんですけど、ウルシならではの艶はなんともいえず、日本の伝統塗料ウルシ、いいもんですよね。
ただし、これだけ凝ると仕上げに掛かる手間はそうとうなもので、こんなに手のかかるモデルは、残念ながら今の体の状態では、もうとても引き受けられません。
歴史に残る一竿かな?ちょっと大げさな表現ですが、吉田は、いつも、もう二度と作れないかも知れないと思い懸命に作っているわけですから・・・。
[PR]

by itoshiro-sp | 2012-06-26 11:14 | ロッド  

<< 新作「Itoshiro」ロッドケース フライフィッシング簡単入門ガイ... >>