馬の毛を縒って作るてんから糸

「石徹白てんから」では縒り糸をテーパーに仕立てたラインを使います。昔は馬のシッポの毛を使用していましたが入手が困難なため、今ではナイロン糸が使用されています。
私のラインはナイロン1.2号を5本縒り、4本縒り、3本縒りと段落としにします。最近、主流のレベルラインより重いですが自分好みのテーパーが自在に作れますし、テーパーラインのテンカラはゆったりとしたリズムの釣りになります。そして何よりも自分で自分好みのラインを作るという喜びがあります。作るといっても特別な道具はいりません。自分の親指と人差し指で縒るだけなんです。自分で作ったもので釣りをするって楽しいですよ。
a0108792_16225161.jpg

今回は馬の毛が手に入りましたので、昔ながらの馬糸(バス)を作ります。
白毛と黒毛がありますが、一般的に白毛の方が良いと言われてますが、あまり変わらない気がします。ま~色的な好みかな。
馬の毛はナイロンほど強くないので白でも黒でも強く縒ると切れます。慎重に縒っていかなければなりません。

馬毛ラインも何本か作ったので石徹白フィッシャーズホリデーで販売予定です。
a0108792_16254559.jpg

右手の親指を前に押し出すように3センチくらいづつ縒っていきます。
馬の毛は太さが不揃いなので縒りにくいですが、少しづつやって行けばだいじょうぶです。
a0108792_16293380.jpg

普段「おいで」って言っても来ないくせに、こっちが何か始めるとすぐ邪魔します。

竿、糸、毛鉤、すべて自分で作った物で出来る釣りってないですよね。昔の人と同じ道具が現代でも通用するというか、まったく問題なく使えるってすごいことだと思いませんか。
私はこの究極のシンプルさにこそフライフィッシングでは感じられないロマンを感じます。それに魚に対して間違いなくフェアーですよね。
ちなみに、私がテンカラ釣りをした場合レベルラインでやっても馬毛ラインでやっても同じ結果になるはずです。つまりどちらかのシステムの方が良く釣れるなんてことではなく、単純にヘタな人よりうまい人の方が良く釣るという問題です。つまり私は平凡ですからどちらでやっても平凡な結果となります。

ヘタより、うまい方が良く釣る話のついでにエピソードをひとつ、先日石徹白での作業後、若いイトシロチルドレン二人が釣りをしたそうです。始めようとしたら、一人の子がリールを忘れてきました。さてどうしようと思ったとき彼らが乗っていた軽トラ(私の軽トラ)のボックスの中に私のテンカラ道具(昔テンカラ)一式を見つけました。もうこれでやるしかない状況です。つまり一人はいつものフライ、一人は一回もやったことのない初めての「石徹白てんから」しかも竹竿・・・・結果はテンカラの子が6匹、フライの子が1匹・・・・やっぱりフライよりテンカラの方が釣れる?・・イヤ~イヤ~・・ただうまい子の方が釣れただけなんですわ。
テンカラをやった子が後で言ってました。「フライだったらもっと釣れたのに」って。

PS,
これがもしも、テンカラしかやったことがない人が、竿を忘れてフライでやらなければならなくなったら、どうだったんだろうと想定するとちょっと面白いですね?
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-05-29 16:23 | てんから  

<< 2015石徹白フィッシャーズホリデー 在来渓魚ワークショップ(Wil... >>