岐阜県水産研究所の研究発表会

岐阜県水産研究所の研究発表会に行ってきました。http://www.fish.rd.pref.gifu.lg.jp/
a0108792_8274385.jpg


少数の若い人は関連行政の担当者、のこり大半は漁協関係者の老人でした。
もちろん私は後者です。
a0108792_8302925.jpg


発表プログラム
河川環境
1魚類が往来できる河川(水田の生態系ネットワーク)
養殖業
2大型マス(ニジマス)の鮮度保持
3鮎の鮮度保持
河川漁業
4長良川の鮎の産卵環境
5渓流魚人工産卵河川の整備作業に対する従事者の意識

でした。

岐阜県水産研究所って以前は岐阜県河川環境研究所だったはずですが、
環境を外し水産だけにした?

最近、環境という言葉に騙されてばかりいます。
環境というと地球環境とか自然環境を思い浮かべるんですが、
この言葉は行政が使う場合は、人にとっての都合が最優先された後の環境?
人にとって利用度が高いか低いかで付き合い方が真逆になります。
利用度の低い魚にはなぜかとても優しいんですね。











[PR]

by itoshiro-sp | 2016-02-28 08:40 | 魚のはなし  

<< ダムネーション上映会 ポンスケ? >>