ポールとジョンがまた来てくれた。石徹白川2016

5月の下旬にイギリスは「ワイルド トラウト トラスト」のポールとジョンが4人の仲間と総勢6人で石徹白にきた。なんと石徹白旅館で6連泊もしていったのだ。
ワイルドトラウトトラストはイギリスのトラウト保護団体であり、その機関誌
日本語版に石徹白が取り上げられた
彼らは石徹白がよほど気にいってくれたようだ。
来る前に「僕に必ず会いたい」と連絡があったが、残念ながら僕の方の都合で、とうとう会えなかった。
そしたら僕に渡してくれといって一本の「てんから竿」を置いていってくれた。
a0108792_1950791.jpg
a0108792_19503389.jpg

そのてんから竿の名前は、なんと「白山」だった。イギリスでポールたちがプロデュースして製造されたロッドらしいが、それにしても「HAKUSAN」とは、恐れ入りました。
イギリス人のポールたちの方が「てんから」のJapaneseトラディショナルであることの価値と誇りを理解しているようだ。ただ数が釣りたいだけというテンカラは「Why japanese tenkara???」と思われていないか心配している。

a0108792_631342.jpg

a0108792_6313212.jpg

前に来てくれた時の画像です。
この時は、日本では渓流魚たちをとりまく管理は釣り人の利用価値の方が優先されていることや,今、日本の「テンカラ」は古き良き伝統的な部分がまったく忘れられようとしていることについて、かなり深く語り合えた。
ポールもジョンもよく理解してくれたみたいで、
彼らのブログでこんなふうに取り上げてくれている。

また今度、子供を連れて遊びに来ると言ってくれているので、また会えることでしょう。









[PR]

by itoshiro-sp | 2016-06-08 19:54 | イトシロ  

<< 幸四郎さんの「てんから」 いとしろアウトドアフェスティバ... >>