忘れられない人

a0108792_2351162.jpg


東 清美氏(azuma kiyomi)残念ながら2005年に逝ってしまわれた。まだ45歳だった。
横浜から石徹白川に何度も来てくれたし、亡くなる少し前に横浜まで会いに行った。
その時はまだ元気そうだったのに・・・・。
病名は大腸ガン、亡くなる前年に石徹白の谷屋旅館でご一緒した時に「最近お腹が調子悪いので帰ったら検査する」と言っておられたのが、それからちょうど1年後・・・・。
あまりのあっけない別れに天を仰いだ。
そんなこともあり、自分が同じ病気になった時は、やはり「もうダメなんだろうな」と覚悟を決めたが、何とか2年持ちこたえることができた
運命という言葉が身にしみる。

彼と知り合うことがなかったら、竿作りはしていなかったと思う。
彼こそ日本の丸竹で作るフライロッドのパイオニアである。
フライロッドのようなものなら作ることは誰でもできるが、ちゃんと使えることを教えてくれた功績はとても大きいと思います。
手作り可能な釣り道具はいろいろあるが、竿だけはその釣りのことをちゃんとわかっている人が作らなければならない。
東さんは、釣りが上手かったから、彼の作る竿はとても良かったな。

PS
7月10日午後1時5分からNHKの金とくで以前放送された「命をつなぐ川、石徹白川」が再放送されるようです。
もう一件、7月7日午後10時からBS-TBS釣り百景で安田さん出演の九頭竜川が放送されます。
見てくださいね。
















[PR]

by itoshiro-sp | 2016-06-30 23:53 | ロッド  

<< 友サ 幸四郎さんの「てんから」 >>