上流へ行くほどアマゴが・・・?

a0108792_1733647.jpg

この美しい朱点魚(アマゴ)どうですか。
朱点魚って僕が勝手に作った漢字です。
だって見た通りじゃないですか・・・。

さて、今回もヤマトイワナ調査の続きなんですが、
不思議な谷です。上に行くほどアマゴの比率が多くなるような気がします。

a0108792_17305190.jpg

標高1000mの美しい山岳渓流、みるからにイワナの谷なんですが、
それにしてもこの木、水平に生えているんですね。

a0108792_17314840.jpg

放流はされてないので、ここで命をつないでいる個体ばかりのはずです。
野生の美しさに勝るものはありません。
a0108792_17373950.jpg

どこまで行っても、釣れるのはアマゴばかり、
でも目的はヤマトイワナの調査なので「アマゴなんか?と遊んでられない」ワケです。
でもイワナとアマゴが混生してると、イワナはじつに釣りにくいんです。

とは言うものの、山岳渓流のアマゴが、あまりにも美しいので、しばし見とれるわけです。


a0108792_17473273.jpg

アマゴ、アマゴ、アマゴ、たま~にイワナ。
a0108792_2345974.jpg

「白い谷のヤマトって水まんじゅうみたいだね」って息子が言います。うまい表現ですね。

a0108792_17475793.jpg

ヤマトイワナにハマると、やたら背中が気になります。

a0108792_17483389.jpg

背中といえば、爺さんちょっと腰が曲がってきたかな?

a0108792_1749929.jpg

何が見えるか知らないけど、爺さん落ちるぞ~。

a0108792_2141205.jpg

突然のどしゃ降り?
いいえ、滝の裏からの撮影です。

a0108792_138292.jpg

目的はこれ、イワナのアブラビレです。
遺伝子解析のために、このヒレだけ少し切り取らせてもらいます。
原種であるかどうかは、見た目だけではわかりません。遺伝子レベルでどうなのか調べるためです。
イワナにとっては気の毒ですが、命まで奪わないので勘弁してちょうだいね。

a0108792_139496.jpg

現場では、このように紙コップの内側に貼り付けておき、家に帰ってから無水アルコール漬けにします。これが一番簡単ですし、データも書き込め便利です。


PS.
興味深いワールドニュースをお知らせします。















[PR]

by itoshiro-sp | 2016-08-12 17:54 | 魚のはなし  

<< 調査専用フライロッド ヤマトイワナに逢いたくて、 >>