カテゴリ:リール&石徹白グッズ( 5 )

 

新イトシロセット

a0108792_15265917.jpg
a0108792_21484992.jpg

イトシロセット2016版ってところです。
石徹白川でのフライフィッシングをイメージしたロッド&リールとネットです。
今年、スズ竹フレームのネットがようやく形になり、これで石徹白川でのフライフィッシングに必要なニュー「3種の神器」が揃いました。
宣伝用のイメージ写真はやっぱり石徹白川のイワナでなければ、詐欺になっちゃいますからね。
ということで、道具のテストがてら行ってきました。
そんでもって、ちょっと面白い写真が撮れました。
イワナにリールが重なって映り込んだみたいです。
a0108792_2149408.jpg

スズ竹フレームのネットは、先日のイトシロアウトドアフェスティバルで初展示しましたが、あっという間に完売になりました。
シンプルで日本的なムードが良かったんですかね。
そんな訳で、手持ち分までなくなってしまったので、がんばってこれだけ作りました。
というか、今年の分はこれですべてです。もう材料の竹がないのです。
来年の分は10月になったら材料のスズ竹探しからです。
同じスズ竹でもネット用はちょっと違うんです。ロッド用の竹はたくさんストックがあるのですが。

製作の工程もシンプルなので、フレームだけの単価は1万円からとシンプルに抑えられます。
シンプルと言っても、竹を曲げるのはなかなか大変なんですよ。
a0108792_21502292.jpg

この日は、石徹白川でヤマメの調査が行われましたので、そちらの立ち会いもありました。
岐阜県の水産研究所の技官たちの捕獲の様子ですが、
さすがに本職です、どんどん捕獲していきます。

ヤマメはというと、「安心してください、ちゃんと定着していますから」。

a0108792_21504459.jpg

マッチャンは、めずらしく用事があると先に帰ってしまったので
一人っきりの釣りって、ほんとに久しぶりです。
この日、石徹白川はひどい渇水で苦戦しましたが
なんとか、りっぱなモデルさんが出てくれたので、上出来な夏の一日でした。


PS.
さっそく、問い合わせが入っております。
多いのは
「今回も石徹白セットとして販売されるの?」
「価格は?」
などなど・・・。

セットはもう少し先になりますが検討中です。
セットにするなら限定のオリジナルデザインをなにか施したいと考え中です。

したがって現状では、単体販売のみとなります。
スズ竹ロッド・・2ピース=5万円、3ピース=6万円
スズ竹ネット・・手編みのアミ=15000円、レースのアミ=12000円
イトシロリール・・・替スプール付き販売のみ5万円
高いか安いかは人それぞれでしょうが、自分が考える釣り道具のお値段は、「ま~これくらいまでだろう」を優先しています。(泣)

在庫状況等につきましては
下記のアドレスに、お問い合わせください。
ssmkj@apost.plala.or.jp
Itoshiro C&R Networkまで、


















[PR]

by itoshiro-sp | 2016-08-27 22:44 | リール&石徹白グッズ  

石徹白アウトドアフェスティバル2016

6月4日5日の両日で
石徹白アウトドアフェスティバル2016が開催されます。
アトリエKANも出店いたします。(出展名をItoshiro C&R Networkと改めました)




a0108792_15252036.jpg

今回見て頂きたい物のNo1はスズ竹のネットです。
かれこれ数年前からチャレンジしてきましたが、やっとできました。
というのも、竿に使うスズ竹は硬くて曲げられなかったのです。
いいところまでいくんですが、もうちょっとのところでポクンと折れてしまうのです。
数年かかってしまいましたが、何とか曲げられるようになりました。とは言っても上手くいくのはまだ50%くらいですかね?
形は洋風ですが和の雰囲気がプンプンですね。グリップの材質もすず竹ロッドとコラボしました。画像のネットは竹に面白いシミがありましたが、これも自然素材ならではの良さ。
やっぱり、竹は水辺で使う道具に最適な材料です。竹には素晴らしい表皮がありますから何も塗らずに行こうと思います。塗る工程を省ければ、製作時間も短くなりコストも抑えられます。
もちろん網目はリリース重視の細かなネットです。
新団体「Itoshiro C&R Network」の推奨ネットにしようと思ってます。

そうそう、リールも完成版をお披露目できますので
石徹白川のフライフィッシングにおける3種の神器(ロッド、リール、ネット)がようやく揃いました。

ぜひご来場下さい。

今年からは、私も一出店者であり、一参加者となりますので皆様とゆっくり過ごせそうです。
[PR]

by itoshiro-sp | 2016-05-18 15:35 | リール&石徹白グッズ  

石徹白リール作っていますよ。

病気のせいで約2年遅れてましたが、念願の石徹白リール、試作品までこぎつけました。
a0108792_8361739.jpg

とりあえず実地テスト、機能は上々、「繊細にして頑丈」っていうコンセプトは表現できています。
ということで記念すべき初イワナさんです。
もうすぐ禁漁になりますが、なんとか間に合いました。
石徹白リールと名付ける以上はテストも石徹白のイワナでなければ・・・・。
すず竹石徹白ロッド用のリールをどうしても製作しておきたかったんです。
a0108792_8363977.jpg

右側のスプール状の部分がティペットハンガーです。
移動の時に長いティペットを巻いておける便利なオリジナルパーツですがデザイン的にも
個性が発揮されます。
a0108792_8365128.jpg

試作ということでハンドル側のプレートを今回はグリーンにしてみましたが、基本的には
ポリッシュ仕上げとブラックフェイスを考えています。
スプール径50㎜スプールリム幅26㎜、フレーム外径65㎜、今巻いてあるラインは
DT3F(ノーバッキング)です。バッキングライン無しならDT4Fまで巻けます。
a0108792_7135786.jpg

デザインはレイズドピラーに強くこだわりましたが、やはりかなりコストがかさみますが、
見た目が小さく見えて格好いいんですよね。
レイズドピラーの盛り上がり加減と配置決めは悩みところでしたが、何回も微調整しかなり
良い感じになったと思います。
外せない機能としてスプールも簡単に交換できるようにしましたので、
現場でトラブルが起きても簡単に直せますし、
番手違いのラインを巻いた替えスプールを持てば本体は一台で
何台にも使えるように経済性も考えました。
このような両軸風のデザインだとスプールが簡単に交換できるものって
なかなか無いんですよね。

後は刻印をどうするとかシルバー製のオリジナルプレートをつけるか?とか思案中です。
なんとか来シーズンには販売にこぎつけたいと思っています。
お値段もできるだけお値打ちになるように頑張ります。




これが俺の人生さ。
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-09-17 09:30 | リール&石徹白グッズ  

真竹フレームネット

a0108792_14473841.jpg

セットの20/1号です。
作者は、岐阜県在住の土屋真一氏です。T、Craftのハンドメイドネットといえばけっこう有名ですよね。
http://www.t-craft.info/
彼もまた、吉田とは旧知の仲で吉田が毎年出展している米国のフライフィッシングタックルショーにも共同出展しています。
今回別誂石徹白セットのオーダーにあたり、真竹をフレームに使用して貰うことだけを条件として後はすべて彼の感性におまかせした結果さすがというような素晴しい逸品ができました。

a0108792_14481648.jpg

PS,
以下が作者土屋氏のコメントです。

「ブランクと同じ真竹を使用するフレーム材の整形は、曲げ矯め矯正した竹材を、鉋で添付写真のような状態に整形し直し、表皮側を極力残すようにして行います。表側がそれぞれ外側を向くよう接着するため、表面強度は最大限に丈夫になります。オイル仕上げされた丈夫で美しいネットは、合理的に耐水強度を満たす、独自の塗装手法の賜物と自負しています。ウレタン塗装では表現できない自然で潔い木肌は、木が好きな人には溜まらなく魅力的なハズです。」

フレーム材料は真竹と栃材、グリップ材には栃のバール、もちろん限定セットの証となる佐藤成史氏デザインのメダルがあしらわれ、また20本限定のシリアルナンバーもはいります。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-13 19:44 | リール&石徹白グッズ  

リールに付いた便利機能

a0108792_14394648.jpg

別誂石徹白セットのリールは吉田の古くからの友人の石井満氏の作品です。
石井氏は「やまめ工房」http://www.buddyz.com/yamame/というハンドメイドリール作家です。今回のデザインも機能美にあふれたいい作品に仕上がりました。
また、このリールにはティペットハンガーという便利な機能が作りつけられそれがまたでデザイン上も良い効果を出しました。
画像のようにアルミ削りだしのサイドプレートにティペットを巻きつけられる糸巻きスプールを一体成型しました。これの使い方は渓流で長めのティペットを使用し移動などの際いちいちラインを巻き込んでしまうとけっこう厄介なものなのでラインは巻き取らずフライを一番ガイドに掛けあまったティペットをこのティペットハンガーに巻きつけるという機能です。けっこう便利ですよ特に全長20フィートになるようなロングリーダー使用者には特におすすめです。
a0108792_1440242.jpg

この画像は少しわかりにくいんですが私が普段使用しているシステムです。既存のリールに糸巻きスプールを後付けしたタイプです。
このシステムは私がかなり以前から手持ちのリールを改造して使ってきたアイデアグッズでしたが
今回石井氏からこれは便利な機構だから今回の限定モデル採用しデビューさせようとなった次第です。
今後は「やまめ工房」の通常モデルにも採用されるようです。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-08 14:40 | リール&石徹白グッズ