<   2007年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

真竹フレームネット

a0108792_14473841.jpg

セットの20/1号です。
作者は、岐阜県在住の土屋真一氏です。T、Craftのハンドメイドネットといえばけっこう有名ですよね。
http://www.t-craft.info/
彼もまた、吉田とは旧知の仲で吉田が毎年出展している米国のフライフィッシングタックルショーにも共同出展しています。
今回別誂石徹白セットのオーダーにあたり、真竹をフレームに使用して貰うことだけを条件として後はすべて彼の感性におまかせした結果さすがというような素晴しい逸品ができました。

a0108792_14481648.jpg

PS,
以下が作者土屋氏のコメントです。

「ブランクと同じ真竹を使用するフレーム材の整形は、曲げ矯め矯正した竹材を、鉋で添付写真のような状態に整形し直し、表皮側を極力残すようにして行います。表側がそれぞれ外側を向くよう接着するため、表面強度は最大限に丈夫になります。オイル仕上げされた丈夫で美しいネットは、合理的に耐水強度を満たす、独自の塗装手法の賜物と自負しています。ウレタン塗装では表現できない自然で潔い木肌は、木が好きな人には溜まらなく魅力的なハズです。」

フレーム材料は真竹と栃材、グリップ材には栃のバール、もちろん限定セットの証となる佐藤成史氏デザインのメダルがあしらわれ、また20本限定のシリアルナンバーもはいります。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-13 19:44 | リール&石徹白グッズ  

オイルフィニッシュのこと

a0108792_14433657.jpg

a0108792_14435897.jpg


上の画像は私の持っているアメリカ製某バンブーロッドの接着面の荒っぽい部分のアップです。もう一枚の画像はトンキンのウレタン仕上げと真竹のオイル仕上げの比較です。こうして比べるとオイル仕上げの方が6画の角がすっきりと立っていることがよくわかります。 特に吉田ロッドはこの角がティップの先まで正確に通っています。こういった精度は吉田にとってはあたりまえのレベルなんですが、このあたりがクリアできてないビルダーもいるようでオイル仕上げは、引き受けないビルダーも多いようです。 それに真竹の繊維はトンキンよりかなりきめが細かいことも画像からわかるはずです。


現在、吉田のロッドはオイルフィニッシュが標準仕上げとなってます。
以前は吉田もウレタン系コーティングフィニッシュを採用しておりましたが、オイル仕上げの方がいろいろ利点が多いと感じるようになり切り替えたそうです。

吉田はそもそも表面コーティングの役割は水分を竹の中に浸透させないことと考えています。
竹の表面にはもともとエナメル層というきわめて薄いくても水分を通さない完璧な層があるのですが残念なことに製作工程においてこれを削ってしまうため表面コーティングが必要になるのです。吉田のロッドはここの削りをほんの少しにどどめているのでそのままでもブランクの表面からは水分の浸透はほとんどないと言っても大丈夫なのですしもう一つブランクの接着面つまり6画の角についてもティップの先まで完璧な精度で貼り合わされているので過剰なコーティングはまったく必要ありません。

ちなみに高いお値段で売られているロッドにも、この6角形の精度がかなりいい加減なものさえあるんです。

過剰なコーティングはロッドの性能的な面には悪い影響しか及ぼしません。つまり若干とはいえ重くなるわけでその分ロッドの軽快さは失われるはずです。また塗ったものはどうしてもはがれます。釣竿として使えばどうしてもアチコチにぶつけることもあり、これは避けられません。その点オイル仕上げはオイルを浸透させる発想なのでロッドの設計上の性能に変化は与えないし塗料のはがれなどもおきません。
実際には吉田の使用している特殊なオイルは充分に浸透したあとその表面にきわめて薄くオイルの酸化膜を作るため、より高い防水性が発揮されてます。

ただし、オイル仕上げでフィニッシュするためにはごまかしがいっさい利かないので完璧な接着面が要求されます。つまり塗料を厚く塗れば完全ではない接着面でも包み込んでしまうのでよく見ないとわからなくなります。
画像は私が持っているアメリカ製のけっこう有名なメーカーのロッドのごまかしてある部分をアップで撮ったものとピカピカしたアメリカ製のウレタンフィニッシュロッドと石徹白ロッドを並べたものです。色の薄い方が石徹白ロッドです。

追伸、
撮影のついでにバット基部のブランク径を計ってみたらアメリカ製7,6フィート3番(トンキン製)が7,9ミリで石徹白ロッド8フィート3インチ3番が7,4ミリでした。振って見ると石徹白ロッドのほうがかなり長いのに軽くてシャープな感じがするから不思議です。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-10 19:42 | ロッド  

リールに付いた便利機能

a0108792_14394648.jpg

別誂石徹白セットのリールは吉田の古くからの友人の石井満氏の作品です。
石井氏は「やまめ工房」http://www.buddyz.com/yamame/というハンドメイドリール作家です。今回のデザインも機能美にあふれたいい作品に仕上がりました。
また、このリールにはティペットハンガーという便利な機能が作りつけられそれがまたでデザイン上も良い効果を出しました。
画像のようにアルミ削りだしのサイドプレートにティペットを巻きつけられる糸巻きスプールを一体成型しました。これの使い方は渓流で長めのティペットを使用し移動などの際いちいちラインを巻き込んでしまうとけっこう厄介なものなのでラインは巻き取らずフライを一番ガイドに掛けあまったティペットをこのティペットハンガーに巻きつけるという機能です。けっこう便利ですよ特に全長20フィートになるようなロングリーダー使用者には特におすすめです。
a0108792_1440242.jpg

この画像は少しわかりにくいんですが私が普段使用しているシステムです。既存のリールに糸巻きスプールを後付けしたタイプです。
このシステムは私がかなり以前から手持ちのリールを改造して使ってきたアイデアグッズでしたが
今回石井氏からこれは便利な機構だから今回の限定モデル採用しデビューさせようとなった次第です。
今後は「やまめ工房」の通常モデルにも採用されるようです。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-08 14:40 | リール&石徹白グッズ  

佐藤成史氏デザインのシルバーメダル


a0108792_1423253.jpg
これが佐藤成史氏にデザインしていただいたメダルです。
白山連峰から川が流れイワナがおどるイメージで石徹白川を表現されています。
そして川の流れが佐藤さんのSになってるわけです。

シルバー製作は「PAINT ART画流」
http://plaza.rakuten.co.jp/paintgaryu/に依頼した特注品です。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-05 19:23 | ロッド  

8,3フィートあるとニンフフィッシングにも有利

a0108792_14201366.jpg

これは、昨年9月はじめに長良川本流越佐においてニンフで釣ったアマゴです。

ロッドは別誂石徹白8フィート3インチ3番のテスト用ロッド、リールもセットモデル決定以前のプロトタイプでした。
よく晴れた日の真っ昼間にニンフを沈めて流し釣ったのですが、まさにこのロッドでなかったら取れなかったような1尾だったので紹介します。

その日は前夜けっこうな雨が降り渇水が長く続いていた渓が少しは潤っただろうとロッドのテスト目的で石徹白川に向かったのですが途中白鳥あたりの長良川の水量があまりにもよく見えたのでついつい寄り道したのでした。
いざ川原まで降りてみるとやはり長良川本流なので流れは太く、道路から見た時は浅そうに見えたポイントもけっこう深くここはニンフでいくことにしたのです、なかなか思った深さにニンフがとどかず同じコースを何回も流し、何回目かにようやくうまくはいったと思った時やはり喰ってきました。ニンフはただ沈めて流すだけでは当たりがあっても合わせられません、いかに魚の当たりを取れるように流すかが難しいんです。今回にポイントも8フィート3インチという長さがなかったらたぶん無理だったような気がしてます。そしてまた魚をかけてからも長さが味方してくれました。というのも釣れたのは、なんと40オーバー1キロ超えと思われる見事な幅広オスアマゴ、それが本流の流れの乗りローリングしながら下っていきます。そんなドキドキするローリングもこのロッドは難なくしのいでくれたのでした。使用ニンフというのはじつは、イトシロダン20のくしゃくしゃになったものを沈めて使ったわけで、当然フックはTMC2488の20番、ふ~!!。

以上、
別誂石徹白モデルのテスト釣行中最高のドラマでした。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-04 19:44 | ロッド  

佐藤成史氏デザインメダル

a0108792_14154989.jpg

a0108792_1416392.jpg

a0108792_14162984.jpg

a0108792_14164352.jpg


今回のセット販売企画は去年(2006年)6月の石徹白フィッシャーズホリデー会場においてはじめて発表したんですが、ありがたいことに発表当日に6セットの受注を頂いてしまったのです。
当初から20セットを3年間計画で販売していくつもりでいたので、このときの6セットは1年目の生産予定分にあたります。
実を言いますと、その時点でイトシロロッド8,3フィートに関しては試作品のテストも終えほぼ完成品となっておりましたが、リールシート回りのデザインや他のセット物などはまだ本決まりにいたっておりませんでした、ということもありとりあえずは6セットで受注をストップしておりました。この度やっとその時の6セットが完成し納品できる運びとなりセット内容や価格も確定できましたので残りの受注をお受けできるようになりこのような告知サイトもたちあげることになったしだいです。

なお、このセットにはロッド、リール、ネットにそれぞれ記念シルバーメダルが付いておりますがこのメダルは石徹白川でのC&R活動に最初から応援していただいた佐藤成史氏が特別にデザインしてくださったものです。
この場をお借りし佐藤氏にお礼申し上げます。

PS、
ちなみに佐藤成史氏からは「プライベートで北海道へ行く時に持って行きたいロッドだ」いう感想をいただいています。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-01 19:14 | ロッド