<   2013年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

源流用すず竹ロッド

a0108792_1339999.jpg

イトシロの源流用に全長182センチと186センチの2ピースロッドが2本完成しました。
藪のかぶったポイントでも振りやすいショートロッド、このロッドにはイトシロ岩魚の棲む谷の名前をつけるつもりです。
ともに20グラムのオモリをぶら下げたところです。上が186センチ、下が182センチです。
全体にきれいに曲がってるでしょ、短いのでけっこう調子を出すのに苦労してるんですよ、野に生えているすず竹の調子のままで6フィート前後を作ると、全長が短いために曲がりのストローク幅も短くなるので使いやすい距離のカバー範囲が狭くなります。つまり10メートル以上のキャスティングは使い良いのに5メートルくらいの近距離は硬すぎてまったく使えないというロッドやその逆に5メートルくらいまでは使いやすいのに10メートル以上はフニャフニャで使い物にならないロッドになります。これが7フィートくらいになれば曲がり幅の長さでカバーできてしまうのでそれほど顕著に感じることはないのです。だから短いロッドのほうが難しいんです。ジョイントの部分をカットしたりティップだけ少しやわらかい竹を継いだして微妙な調整をしてます。
a0108792_13205669.jpg


さて、私の作る「すず竹ロッド」、グリップとリールシートのデザインは違和感を感じますか?
以前は一般的なフライロッドのようにコルクグリップでしたが、最近コルクの値段がお高いんですよ。特に上質なものはめっぽう高いので何も欧米のフライロッドと同じようにしなければならないこともないかと思い、身近な材料である布袋竹を採用してます。天然のコブコブになってるものをそのまま使うのでひとつづつけっこう違うのですがどれもが、意外にもとても手に良くなじみまったく違和感がないと言ってもいいのです。このことは私だけの意見でもなく使ってくれている人の評判も上々で今のところ使いにくいと言う人がいません。今回182センチモデルには少し細すぎると思われる物を採用してみましたが、いやいや、これもけっこうよかったですわ。リールシートよりグリップのほうが細いのでリ-ルをとめるリングがグリップのほうに外れないようにリールシートにリング止めのツバをつけました。かなり不思議なデザインになりましたがどうです変ですか?
グリップを布袋竹にすれば、材料代がうんと安く済むのでその分で金具を石徹白オリジナル(シルバー製)にできます。
私の場合は日本(特に石徹白)のフィールドでのフライフィッシングに特化したフライロッド作りをしているのでずっとこのすスタイルでいこうと思ってます。

a0108792_8565821.jpg

石徹白ロッド専用のオリジナル金具、シルバー製です。
笹の葉3枚で構成されたポケットと竹をデフォルメしたリングです。すず竹ロッドにおいて唯一、見た目にコストをかけてるところですが機能も忘れていません、リールをホールドするためのこのようなタイプの金具はハーディーのロッドが昔から採用してます。他では最近は見かけませんがこのデザインだとリールフットの形状が少々厚くても対応できるしホールドの確実性が高いので、実用面での採用の産物でもあるんです。
[PR]

by itoshiro-sp | 2013-02-23 14:28  

竹竿に囲まれて・・・・・。

雪は雨に変わったけど寒い日です。
こんな日はストーブの部屋から出られません。
週末の2日間は自動車の趣味関係の人たちが次々と来てくれ、とてもにぎやかでしたが
今日は一転してとても静かです。
こうなると春を偲んで釣りモードになるわけです。

そんでもって、なんとなく部屋にある竿を数えてみたらなんと26本ありました。
すべて竹製のフライロッドばかりです。
内訳は外国製の6角ロッドが4本、吉田作真竹ロッドが5本、残りが自作の「すず竹ロッド」でした。

a0108792_129183.jpg


フライを始めた頃はグラファイトロッドばかり使ってましたしそれなりに何本も買ったもんです。
そのうちあこがれだったバンブーロッドにも手を出し外国製のバンブーロッドも何本か手に入れましたんですがバンブーロッドはグラファイトにくらべるとどれもみな使いづらかった。結局少しやせ我慢してムードを重視して使うものだと思うことで自分を納得させるしかなかった、ふだんの釣りではどうしてもグラファイトのロッドの出番のほうが多くなり、たまにちょっと気取ってみたい時に使うだけだった。

その数年後、ヨシダロッドに出会いまったく考え方が変わった。とにかく道具としてグラファイトと比較しても、私の釣りにおけるどんなシーンにおいてもまったく支障がないと感じた。
そんなわけで高価な外国製の竹竿は、まったく出番がなくなりそれどころかグラファイトロッドも必要なくなり結局ほとんど処分した。今では外国製のバンブーロッドはヨシダロッドとの比較用に残してあるようなもので、おそらくもう実際の釣りに使うことはない気がする。

そして今は自分ですず竹ロッドを作っている。道具だからとにかく自分が使ってみて使いやすいと思えるロッドを作っている。
この考え方は吉田君と同じで「ヨシダロッド」も「すず竹ロッド」も飾り物を作る気はありません。
釣りにおいて一番重要な道具は竿だと思っている。それが使いにくかったら楽しくないと思うので・・・?

a0108792_1282683.jpg


ストーブの天井には次の製作を待つすず竹が出番を待って乾燥中です。
ヤカンのツルも布袋竹で自作してます。竹がよっぽど好きなんですね?

PS
余計なことかもしれませんが、
竹竿を検討されている方のために私から経験にもとずくアドバイスがあります。
あなたが竹竿を買おう思ったとき、あなたがそのロッドでやろうとしている釣りのジャンルをちゃんと理解しているビルダーに注文してください。たとえば渓流で岩魚やアマゴを釣るために竹竿を注文するなら、その作り手が岩魚やアマゴ釣りをちゃんと人並み以上にやっている人で無ければならないということです。「人並み以上に釣りが好きな人であること」これはほんとに大事です。
となると、外国のロッドは外国の釣りしかやったことが無い人が作っているわけであり、そこがすでに少し方向性がずれているような気がするし、日本のロッドビルダーの中には、実は「この人本当に釣りやってるの」ってレベルの人がけっこう多いんですわ。フライをはじめて一人前のフライマンといえるようになる前にロッド作りに興味が移っていった人達なんでしょうね。釣りが一人前にできない人にロッドビルダーですって言われてもね~?

極端なことを言っちゃうと竿ばっか作ってて釣りにちっとも行かないような人より、釣りばっか行っててちっとも竿を作らないような釣りバカハマチャンの作るロッドなら、少なくとも使い物にならないなんてことはないと思う。
つまりロッドビルダーの工房を訪ねるより本当は一緒に釣りをしてみれれば一番いいんですがね~。
[PR]

by itoshiro-sp | 2013-02-18 12:13  

ネット考

a0108792_8503556.jpg


普段使っているネット達です。ネットの役目は魚を傷つけずすみやかにリリースするための道具だと考えています。獲って食うための釣りならば岸に引きづり上げればよいわけで、ネットなんてなければなくても良い気がする。私のネットはリリースのために持つネットだから一般的な荒く編んだ網は使わずパワーネットと呼ばれるレース見たいな生地の網に交換している。こちらのほうがぜったい魚の肌に優しいと思っているし、もうひとつ理由がありライフワークの岩魚の調査で遺伝子解析のためにイワナのアブラビレを少しカットするんです、この時ネットの中でカットするんですが時々ヒレを落としてしまうんです。そんなときでも編み目が細かいのでネットからこぼれません。これはとても重要です。いっしょに行く仲間も普通の網を使ってる人はせっかく採集したヒレを時々落として悔しがっています。
それと源流はやっぱり折りたためるワンタッチネットがいいですね。量販店に行くと渓流用に安価に売っています。機能的にはそれで充分ですがデザインが少々味気ないのでグリップなどを自作しています。
ネットってどんなに高くても安くても道具としての機能、性能にはまったく差がないといってもいいジャンルと思うんだけど、フライマンはみなさんけっこう高級ネットが好きですよね。
[PR]

by itoshiro-sp | 2013-02-10 09:38