<   2015年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

何事でもこだわりが重要です。(てんからのおすすめ)

a0108792_20481319.jpg

2年前の初夏、源流のイトシロイワナHap-new36です。美しいと思いませんか?背中の盛り上がりも見事でしょ。完璧な姿態ですね。
また逢いに行けるかな~。そのためには早く体調を戻さないとね。


前にも書いたことがありますが、
「てんから」からフライフィシングに転向した時ずいぶん苦労しました。けっきょく流れの攻略かたが全く逆なんですよね。フライフィシングは短い竿でラインを繰り出し毛鉤を投射しますので、投射後はラインがべったりと水面に浮かぶわけです。そうなるとラインが流れにもまれ毛鉤が引っ張られてしまいうまく流せません。ここが難しいんです。
このために「そもそも日本の渓流ではフライフィシングは無理なんだ」とよく言われていますが、そんなことはなくて、フライフィッシングでもうまく流せるようになれば、かえって「てんから」より場所を選びません。広いところで遠くから釣ることはもちろんですし、木のかぶさった藪沢まで問題なく釣れます。私も「てんから」をやっていた時の方が開けた川を選んでいましたし、その日入る場所に応じてラインの長さを変えたりしていました。
話を戻します。「てんから」は糸をほとんど水につけないことで毛鉤までの流れをかわす釣りです。この部分がフライフィシングと全く逆なんですが、遠くまで釣ることをあきらめてしまったのか、もしくはその必要がなかったのでしょう。
「てんから」の場合、流れをかわせる距離は竿の長さで決まってきます。と言っても、扱える竿の長さにも限界があるので、3m~5mくらいが主流ですから実際の釣りにおいてアプローチの距離はフライフィシングには及びません。届く距離まで近づくしかありません
日本でも昔の人が、この部分をあきらめなかったとしたら、もしくは遠くを釣ることを必要としたならば、もっとシステマチック(リール竿)に進化して、けっきょくはフライフィシングに近いものになってたかもしれませんね。

そうならなかったおかげで「てんから」には簡素にして潔い日本的な美が伝わりました。
フライフィッシングを好むイヴォン シュイナード氏(パタゴニア総帥)が「てんから」に魅せられるのも「少し油っこいフライフィッシングもいいけどたまにはあっさりしたものが・・・?」なん~て、ところかもしれないですね。

 両方の釣りをやってきた私は「てんから」は「のべ竿のシンプルフライフィッシング」でありフライフィッシングは「リール竿のてんから」というほとんど同じものだと考えてます。
この釣りにはどちらにも同じように趣味性の高い奥深さとなんとなく高貴さがあります。
ただし高貴さと言うためには、釣り人自信がこだわりを持たなければならない大事なことがあります。それは「てんから」をするときは「てんから」の伝統的な作法に従いフライフィッシングの時はフライフィッシングの伝統的な作法に従うというこだわりです。作法といっても「てんから」の時は「てんから毛鉤」しか使わないこと、フライフィッシングの時はナチュラルドリフトの釣りを基本としなければならないってことだけです。

 かの開高健氏が、「釣りというものは所詮、魚を鉤で引っかけて捕まえることなんだけど、それをドン百*的にやるか貴族的にやるかということがとても重要なんだ」と言ってます。
私ももちろん貴族的にやりたいと思っています。 
 それともあなたは、「どちらが良く釣れるか?」なんて「ドン百*的」な価値感を求めるのですか。
さ~、皆さん、どちらの釣りもやってみてください。
とくにフライフィッシングの方「てんから入門」をおすすめします。日本の伝統文化なんですからやっといたほうがいいですよ。
その逆の「てんから」しかやってない方も、ぜひフライフィッシングに挑戦してみてください。
やってみないと分からないことがたくさんありますよ。

以上、長文でごめんなさい。

a0108792_20321742.jpg

これが日本の伝統毛鉤です。「キワダシングロ」「カッケ~」でしょ。
今がんばって巻いてます。石徹白フィッシャーズホリデーで販売しますよ。



a0108792_20323411.jpg

フライではハックルとよばれるんですが「てんから」では「みの毛」と言いまして、雄鶏のエリの毛です。
これは昔から珍重される「みの毛」材、キワダシングロ、です。これを巻き付けると上の毛鉤のようになります。
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-04-25 17:25 | てんから  

「Sinple Fly Fishing」って本?

a0108792_715849.jpg

アメリカの娘夫婦の所に行ってきた姉さんがお土産に「本」を買ってきてくれました
なんでも、NYのpatagonia shopで偶然見つけたそうだ。なんとなく「弟が好きそうな本だな」と思ったそうだが、まさに神対応である。
パタゴニアの総帥であるイヴォン・シュイナード氏がTENKARAのことを取り上げている。
$24,95もする立派な本です。
もしかしてアメリカでTENKARAブーム?ほんとに~?って感じですが、少なくともイヴォンさん的には本気みたいです。こうなったら石徹白の伝承てんからのこともイヴォンさんに知ってもらわなくっちゃ。
a0108792_791667.jpg

中身はこんな感じです。
a0108792_744365.jpg

写真がスゴイです。(字は読めないから写真ばっか見てます)
でもこの写真、石徹白川なら撮れるかもしれないですね。誰か挑戦してみてください。
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-04-24 07:18 | てんから  

てんから竿、作ってはいるものの・・・?

最近の「てんから」やる人に竹竿なんか使う人いるんでしょうかね?
グラファイトロッドしか使ったことのない人には無理かもしれませんね。
重くてびっくりするでしょうね。
重いし、グラファイトとは全く違うリズムにきっと戸惑うことでしょう。
とくに最近、主流のレベルラインになれた人には勝手が違うと思います。というかカーボンロッドならハリス1.5号で魚がぶっ飛んでくるような合わせでも折れたりしないけど、竹竿でそんな釣り方したらダメですよ。でもゆっくり合わせを信条としている私的には問題なく使えていますし、釣りにおいてはチャカチャカしたテンポよりゆったりしたリズムが好きだし・・・?
その昔の「てんから」のパイオニアたちはみんな竹竿だったしターゲットである魚たちは今と何も変わりはない訳ですから、使えるはずなんです。
余談ですが、イトシロの友人、マサユキさんが子供の頃の思い出を話してくれたんですが、彼のおじいさんはときどき石徹白から荘川の尾上郷まで山を越えて泊まりがけでイワナ釣りに行ってたそうです。3日くらいかけてたくさんイワナを持って帰ってきたそうですが、おじいさんの竿は竹で作った10尺のてんから竿で、自作した「一本竿」なので長いまま険しい山道を歩いて行ったそうです。竿も1本だけしか持って行かなかったでしょうから、折れないようにさぞ慎重に使ったんでしょうね。今から50年以上前のスローな時代の話ですが昔の暮らしが目に浮かんできませんか。今の時代、昔のように竹竿を日常的に使うことは、それなりにやせ我慢が必要になるのかもしれませんが、「日本の伝統的な釣りをやってるんだ」と胸を張るために、あえて竹竿を使って見ませんか

そんな昔ながらの「石徹白てんから」に興味のある方は「第15回石徹白フィッシャーズホリデー」(6月6日7日)でお会いましょう。


a0108792_1743176.jpg

こんな本を読んで「てんから釣り」に挑戦したものです。
中でも「かげろうの釣り」加藤須賀雄著は今読んでも勉強になります。もう35年も昔です。

a0108792_17435548.jpg

こんな本を読み山釣りにどっぷりのめり込んで行きました。山本素石氏の随筆は素敵ですよ。

その後、フライフィッシングに転向したんですが、あくまでも「てんから」が私の毛針釣りの原点であり日本の伝統文化として守って行きたいと思っているんです。
ちなみに、欧米からきたフライフィッシングの方が竹竿の愛用者が多いのはなぜなんでしょうね?
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-04-18 17:03 | てんから  

鈴竹竿 石徹白てんから

a0108792_16284482.jpg
a0108792_16273736.jpg
「石徹白てんから竿」販売用がまずは2本完成しました。
総鈴竹でどちらも十尺弱の3本継ぎです。グリップは僕の定番であるホテイ竹、スリーブ部は竹に近い色の糸で巻き、とても地味な仕上げです。むかし石徹白の人が使っていた竹の、のべ竿を意識しています。
竿袋だけでもいいかなと思いましたが、ハードケースも作ってしまいました。
ケースを作りだしたらやたら気合いが入っちゃっいまして、良い布が見つからないので、11号帆布をタマネギの皮で染めてみました。なかなか良い色に染まりました。ついでに「石徹白てんから」のロゴも入りました。いい感じにはなったんですが・・・?道具だから価格をお安くしたいのについやり過ぎちゃいます。でもやっぱりハードケースがあったほうが安心ですからね。長く使ってもらうためにも。

5月に石徹白川へイギリスからお客さんが来るんです。僕は初めて会う方々ですが、去年の石徹白フィッシャーズホリデーに来てくれたそうで、石徹白を気に入ってくれて、なんでも今回は石徹白川の「てんから」を取材したいそうです。そんなわけで、ちょっと張り切ってます。

石徹白フィッシャーズホリデーまでには、まだまだ何本か作りますよ。馬の尾の毛を縒って昔ながらの「てんから馬糸(バス)」も作って置かなければならないし、毛針も巻きたい、あ~、まだまだやることがいっぱいです。
なぜか画像に写っているパイプはオリジナルケースの本体です。竿が蒸れないように穴を開けてあります。竹竿に水分は良くないですからね。




[PR]

by itoshiro-sp | 2015-04-14 15:04 | ロッド  

紋入りのすず竹

美しい紋が入った3ピース210センチ「いとしろ」と名付けました。すず竹の紋入りって滅多にないんです。たまにあってもきたなくシミになったような紋がほとんどです。だからこの竿のような美しい紋は自然が作った奇跡なんです。ただ美しすぎて使いづらい。美しすぎるとけっきょく飾り物になってしまうんです。道具が道具として使われないということはやっぱりよくない気がする。私は道具屋なんでどんなにきれいな竹でもよい竿に出来なければ作りませんからこの竿も調子はよいですよ。竿に使う竹はすべて自分で取りに行ってますがこの紋の入るメカニズムが未だによく分かりません。
a0108792_22304620.jpg
a0108792_22430905.jpg
a0108792_23311232.jpg


[PR]

by itoshiro-sp | 2015-04-04 00:08 | ロッド