<   2015年 07月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

「白いイワナ」の渓

幻の白いイワナの話です。
じつは、イワナのことで心残りなことがあります。
イトシロイワナの探索に精を出してた頃、石徹白組合長から白いイワナの棲む谷の話を聞きました。その谷はどういうわけなのか、ほとんど赤みがなく大きな白点だけが目立つ「白いイワナ」ばかりだったというのです。
それまでの調べでわかってきた石徹白水系の在来イワナは、白点が少なく小さいことと赤みや黄色みが強いのが特徴だとすると、まったく逆のタイプのイワナとなります。その谷は入り口にエンテイがあり下流から遡上できないし、もちろん移植放流の記録もない、話は組合長が若い頃だから50年ほど前だとすると謎は深まるばかりです。

2011年の夏、確かめたくて大津君とふたりで行ってみました。
入り口のエンテイを越えてからも滝が連続するV字の谷、規模は小さいものなかなか豪快な谷でした。ところがいかにもイワナがいそうな渓相なのに遡れど遡れどまったくイワナの反応がない。
いくつも滝を越えていくと古そうな石組みのエンテイが現れた。
それを越えたら谷はすこし穏やかになったものの、その後も結局イワナの反応は無いままゴリラのようなおもしろい形をした大岩を画像に納めたところで引き返すことにしました。
そんな狐につままれたような探索でした。
エンテイがあったので工事用の道の痕跡でもあるかもしれないと思い、探しましたが何も痕跡を見つけられなかったので、左岸の尾根に出て帰ったのですが、これが大変な薮こぎを強いられ、そのうえ大きなケモノともニアミスするは、大変な探索となったのでした。
後で聞いたら,そのエンテイは石徹白でも最初期頃に作られたエンテイであり、その当時は石職人たちが何日も現場に寝泊まりをして、材料もすべて現地の石を加工して組み上げたというのです。だから現代のようにエンテイがあれば工事用の道があるというわけはなかったのです。
ただそのエンテイは、現在もまったく破損もなく堂々と存在していました。
そのことを知って、あらためてエンテイを気にしてみると、石徹白には本流の第一エンテイをはじめ他にもいくつか、かなり古いエンテイが見受けられますが、どれもみなちゃんと残っている訳だから技術的にも高度なものなんでしょうね。やっぱ昔の人々の人間力というものはスゴかったんだなと思うわけです。

そんなわけで、白いイワナに会えなかったことだけが「心残り」なんです。
白いイワナは絶えてしまったのだろうか?

僕は、もうあんなとこまで行けそうにないけど、
誰かがもう一度行ってくれると嬉しいんだけどな・・・・。
ゴリラ岩のもうちょっと上まで行ってれば見つけられたような気がしてきちゃって・・・・・。
a0108792_933139.jpg

大津君は渓のぼりに強い男で、とても心強い相棒だったんですが、
彼も病気になっちゃって、もうハードなことは無理なんです。

素晴らしい渓相だったんですけど、まったく反応がなかったですね?
a0108792_933395.jpg

滝をいくつも越えた先に現れた石組みの古いエンテイ
エンテイ下の絶好のポイントでもイワナの反応はなし、ここで引導を渡されました。
a0108792_934361.jpg

エンテイの上流にあったゴリラのような岩
これより上流に行くべきだったかな~?
あの時、二人とももうフラフラだったからな~。
a0108792_9343325.jpg

白いイワナってこんなタイプだったんでしょうかね?(参考写真)
イトシロイワナとはまったく違うタイプのように見えても、
遺伝子的にはHap-new36かもしれないので調べてみたいんです。
a0108792_20321376.jpg

白いイワナって、ひょっとしたらこんな無班イワナかもしれない。(参考写真)
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-07-31 09:55 | 魚のはなし  

マスバエから「マスバイ」に訂正です。

http://itoshirosp.exblog.jp/21398708/
先日投稿したヤマメ復活の記事で、
石徹白では昔からヤマメのことをマスバエと呼んでいたと書きましたが、
正しくは「マスバイ」だったようです。
石徹白漁協の組合長確認しましたので間違いないはずです。
記事の方もちゃんと訂正しときました。

先に紹介した「峠を越えた魚」という本の中では「石徹白では雌をマスバエ、雄をタナヘラと呼んだ」という記述がありますが、現実に石徹白の年配の方と話してみるとマスバエともマスバイとも聞こえる微妙な発音です。
私は今後、「マスバイ」で統一して行こうと決めました。

ちなみに今週、漁協によるマスバイの定着状況調査が行われます。良い写真が届きましたらこちらにも画像を掲載できると思います。
今回は釣りによる調査ですので、元気なら私も選手?として参加したいところですが、どうせたいした戦力ではないのでおとなしくしています。

a0108792_113464.jpg

画像が届きました、当日はピーカンで暑かったそうです。
a0108792_11361133.jpg

この谷にも「マスバイ」はちゃんと定着していてコンディションも良好だったそうです。
産卵に適した場所もわりと多いようなので期待できます。
イワナしか生息してなかった場所なのでアマゴとの交雑はおきません。
ここで再生産が確立できることが「石徹白マスバイ復活計画」の第一歩となります。

2013年10月に九頭竜川のサクラマスから採卵、人工授精され生まれた子です。
2014年1月頃の生まれとすると満1才7ヶ月のこの個体は顔つきからするとオスと思われます。
26センチ200グラムくらいでしょうか。
秋に産卵に参加してくれることを祈りましょう。
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-07-13 18:24 | 魚のはなし  

イトシロイワナの話もしておかなければと思って。

始めにことわっておきますが、ここで申し述べてることは、すべて、ただのイワナ好き(素人)の戯れ言であります。
a0108792_1736163.jpg

a0108792_17363880.jpg

Fly Rodders2015夏号より
前回アマゴやヤマメ(マスバイ)の話をしたのでイトシロイワナの話もしなければなりません。
現在発売中のFly Roddersフライロッダーズ夏号は、全編イワナ特集です。その中にフライフィッシャーマンのためのイワナ学という記事があったので紹介します。
この記事は栃木県にある独立行政法人、水産総合研究所センター増養殖研究所で研究しておられる山本祥一郎博士への取材で構成されています。この山本祥一郎氏という方は日本のイワナのついて各河川ごとのミトコンドリアDNAタイプを解析し研究されていてイトシロイワナもこの方の分析で、Hap-new36という型に分類していただきました。そしてこのHap-new36が石徹白川固有の在来個体群だろうという返答をいただいております。
記事によると現在までに64ものハプロタイプ(Hap)が分類されているようでHap-new36が36番目?と考えるとその後もどんどん新しい型が増えているようです。
これらの遺伝子解析によってイワナの分類は複雑になりすぎて、もはやわれわれ素人が立ち入れる分野では無いようです。
そういう私も、昔からイワナの生態や分布に興味があって、とくに、木曽川流域に生まれ育ったこともあり素人ながらヤマトイワナの探索のまねごとに精を出したものです。
その後にご縁ができた山本氏に木曽川(阿寺川)のイワナの検体(アブラビレ)を送らせていただいたことがありました。その結果、味噌川産と阿寺川産のDNAの一致が証明され木曽イワナの型=Hap-28型と同定されたと報告を受けています。
山本氏のDNAネットワーク図のよれば日本のイワナのDNAタイプはHap-3型がもっとも多く、この型からタイプが離れるほど隔離の歴史が古いと言われており、木曽川産のHap-28と、紀伊半島熊野川産のHap-29はとくに大きく離れた古い個体群だそうですが、ところがどういうことなのかわかりませんが、イトシロイワナのHap-new36はこのHap-28.29に近い位置になり、やはりかなり古いタイプの個体群らしいのです。
我々釣り人にわかりやすい表現をすると木曽川がヤマトイワナで熊野川がキリクチと呼ばれているタイプです。ただし我々は生息水系と外見的な特徴でヤマトイワナと分類してきたものも遺伝子型的には同一ではなく見た目は似たようなヤマトイワナ的でも生息水系によってそれぞれが異なるといいます。天竜川ヤマトイワナ系のHap-22はまだしも富士川産ヤマトイワナ系のHap-3はどう説明したらいいのでしょう?Hap-3と言ったら日本中のイワナに一番多い基本となっている型です。

つまり白山水系のイトシロイワナの遺伝子型がなんで木曽イワナやキリクチに近いの?・・・混乱?
もうこうなるとさっぱり訳がわからなくなります。

ちなみにHapに続く数字は型として解析された時間的順番で付けられている番号です。
a0108792_16244381.jpg

イワナ1(Hap-new36)
a0108792_16234615.jpg

イワナ2(Hap-new36)
a0108792_1624944.jpg

イワナ3(Hap-new36)
a0108792_11442510.jpg

イワナ4(Hap-new36)
釣り人はイワナの外見的な特徴だけで安易に区別してはならい。

遺伝子型から在来個体群と証明されるには、その水系において過去に他所のイワナが放流されたことが無い、もしくは滝やエンテイなどで隔離され交雑が起こってないと考えられる生息群から20匹以上のヒレを解析して、すべての型が一致しなければならないのです。
実はHap-new36と証明されたイワナたちの外見上の見た目は様々でした。最初はイトシロの源流にヤマトイワナのようなに背中に白点の無いイワナが生息しているという情報から始めた調査だったのですが、始めてみたらたしかに白点のまったくないようなタイプもいましたが、白点が背中全体にふつうにあるものまで様々なタイプが混成していました。したがって遺伝子型の一致はないだろうと思っていたところ、どういうわけかすべてが一致という結果になったのです。それ以来、個人的にはイワナの外見的特徴はあまり関係ないと思うようになりました。かって私が木曽川水系で探釣していて時も、ここと見込んだ谷でも背中にまったく白点のないイワナばかりの場合は少なくて、数匹釣ると白点のあるタイプ混じること多くて、がっかりし「ここは交雑水系」と決めつけていたものですが、あれも遺伝子解析すればすべて一致したのかもしれません。
これはネット環境の罪でもあるんですが素人である釣り人が、にわか魚類学者気取りでヤマトイワナ、ニッコウイワナのことを評論する昨今です。ひどいのになると腹部が赤いだけでヤマトイワナなどと書いてます。やめてもらいたいものですね。
今後、遺伝子解析が進むことで、いろいろわかってくるでしょうから、それまではしばらくの間、外見だけでニッコウイワナだヤマトイワナだと言うことは封印した方がいいかもしれませんね。

参考資料、コピペで検索してみてください。

http://www.maff.go.jp/j/budget/yosan_kansi/sikkou/tokutei_keihi/seika_h22/suisan_ippan/pdf/60100161_01.pdf#search='%E5%B1%B1%E6%9C%AC%E8%A9%B3%E4%B8%80%E9%83%8E+%E3%82%A4%E3%83%AF%E3%83%8A'

a0108792_16251937.jpg

イワナ5(Hap-new36)
a0108792_16261886.jpg

イワナ6(Hap-new36)
a0108792_162736.jpg

イワナ7(Hap-new36)
a0108792_1110610.jpg

イワナの調査には、このような許可証を発行してもらいます。

この投稿で使用した画像1から画像7までのすべてがHap-new36型のイワナです。
イワナは見た目だけでやすやすと判断できないことをお伝えしておきます。
[PR]

by itoshiro-sp | 2015-07-02 16:36 | 魚のはなし