<   2016年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

新イトシロセット

a0108792_15265917.jpg
a0108792_21484992.jpg

イトシロセット2016版ってところです。
石徹白川でのフライフィッシングをイメージしたロッド&リールとネットです。
今年、スズ竹フレームのネットがようやく形になり、これで石徹白川でのフライフィッシングに必要なニュー「3種の神器」が揃いました。
宣伝用のイメージ写真はやっぱり石徹白川のイワナでなければ、詐欺になっちゃいますからね。
ということで、道具のテストがてら行ってきました。
そんでもって、ちょっと面白い写真が撮れました。
イワナにリールが重なって映り込んだみたいです。
a0108792_2149408.jpg

スズ竹フレームのネットは、先日のイトシロアウトドアフェスティバルで初展示しましたが、あっという間に完売になりました。
シンプルで日本的なムードが良かったんですかね。
そんな訳で、手持ち分までなくなってしまったので、がんばってこれだけ作りました。
というか、今年の分はこれですべてです。もう材料の竹がないのです。
来年の分は10月になったら材料のスズ竹探しからです。
同じスズ竹でもネット用はちょっと違うんです。ロッド用の竹はたくさんストックがあるのですが。

製作の工程もシンプルなので、フレームだけの単価は1万円からとシンプルに抑えられます。
シンプルと言っても、竹を曲げるのはなかなか大変なんですよ。
a0108792_21502292.jpg

この日は、石徹白川でヤマメの調査が行われましたので、そちらの立ち会いもありました。
岐阜県の水産研究所の技官たちの捕獲の様子ですが、
さすがに本職です、どんどん捕獲していきます。

ヤマメはというと、「安心してください、ちゃんと定着していますから」。

a0108792_21504459.jpg

マッチャンは、めずらしく用事があると先に帰ってしまったので
一人っきりの釣りって、ほんとに久しぶりです。
この日、石徹白川はひどい渇水で苦戦しましたが
なんとか、りっぱなモデルさんが出てくれたので、上出来な夏の一日でした。


PS.
さっそく、問い合わせが入っております。
多いのは
「今回も石徹白セットとして販売されるの?」
「価格は?」
などなど・・・。

セットはもう少し先になりますが検討中です。
セットにするなら限定のオリジナルデザインをなにか施したいと考え中です。

したがって現状では、単体販売のみとなります。
スズ竹ロッド・・2ピース=5万円、3ピース=6万円
スズ竹ネット・・手編みのアミ=15000円、レースのアミ=12000円
イトシロリール・・・替スプール付き販売のみ5万円
高いか安いかは人それぞれでしょうが、自分が考える釣り道具のお値段は、「ま~これくらいまでだろう」を優先しています。(泣)

在庫状況等につきましては
下記のアドレスに、お問い合わせください。
ssmkj@apost.plala.or.jp
Itoshiro C&R Networkまで、


















[PR]

by itoshiro-sp | 2016-08-27 22:44 | リール&石徹白グッズ  

調査専用フライロッド

a0108792_1737272.jpg

こんなフライロッド見たことないでしょうね。
フライ用のインターラインロッドですから、もちろんガイドはついてません。
イワナの調査の場合小さな小さなボサ川も対象となります。
しかもどんなボサ川でもフライで挑むというこだわりは譲れませんから、大変なんです。
調査となればこのロッドの出番です。

a0108792_17373473.jpg

ここがラインの入口。
まったくの自分用なので作りの荒さはお許し下さい。
a0108792_1738122.jpg

トップガイド。
もう10年も前から使ってます。磯釣り用インターラインロッドのトップセクションと2番セクションだけ利用するんですが、現代のインターラインは内壁にラセン状のガイドが設えてあり、意外でしょうが、フライラインの滑りも全く問題ないのです。
a0108792_17382973.jpg

魚と一緒に写真を撮る時はちょっと違和感があるので、バット部分はスズ竹ロッドのスタイルでまとめてあります。

チョウチン釣りから15ヤードくらいまでのすべてをカバーできるので、山岳渓流では最強に実践的なロッドだと思います。
ゲテモノロッドのカテゴリーなんでしょうが、なかなか侮れないんです。

このロッド、全くの初心者の練習にも最適だと思います。



a0108792_20371158.jpg


余談です。
アサガオをアンドン仕立てにしてみましたが、少し高くしすぎました。
どこかの斜塔みたいに傾いてきました。何事にも限度がありますね。
涼しげでいいんですが、猛暑が続いているので、水やりを欠かせません。
水のやりすぎも良くないかな、と控えめにするとすぐにグッタリとなります。

ちゃんと「ご隠居」やってます。












[PR]

by itoshiro-sp | 2016-08-18 18:06 | ロッド  

上流へ行くほどアマゴが・・・?

a0108792_1733647.jpg

この美しい朱点魚(アマゴ)どうですか。
朱点魚って僕が勝手に作った漢字です。
だって見た通りじゃないですか・・・。

さて、今回もヤマトイワナ調査の続きなんですが、
不思議な谷です。上に行くほどアマゴの比率が多くなるような気がします。

a0108792_17305190.jpg

標高1000mの美しい山岳渓流、みるからにイワナの谷なんですが、
それにしてもこの木、水平に生えているんですね。

a0108792_17314840.jpg

放流はされてないので、ここで命をつないでいる個体ばかりのはずです。
野生の美しさに勝るものはありません。
a0108792_17373950.jpg

どこまで行っても、釣れるのはアマゴばかり、
でも目的はヤマトイワナの調査なので「アマゴなんか?と遊んでられない」ワケです。
でもイワナとアマゴが混生してると、イワナはじつに釣りにくいんです。

とは言うものの、山岳渓流のアマゴが、あまりにも美しいので、しばし見とれるわけです。


a0108792_17473273.jpg

アマゴ、アマゴ、アマゴ、たま~にイワナ。
a0108792_2345974.jpg

「白い谷のヤマトって水まんじゅうみたいだね」って息子が言います。うまい表現ですね。

a0108792_17475793.jpg

ヤマトイワナにハマると、やたら背中が気になります。

a0108792_17483389.jpg

背中といえば、爺さんちょっと腰が曲がってきたかな?

a0108792_1749929.jpg

何が見えるか知らないけど、爺さん落ちるぞ~。

a0108792_2141205.jpg

突然のどしゃ降り?
いいえ、滝の裏からの撮影です。

a0108792_138292.jpg

目的はこれ、イワナのアブラビレです。
遺伝子解析のために、このヒレだけ少し切り取らせてもらいます。
原種であるかどうかは、見た目だけではわかりません。遺伝子レベルでどうなのか調べるためです。
イワナにとっては気の毒ですが、命まで奪わないので勘弁してちょうだいね。

a0108792_139496.jpg

現場では、このように紙コップの内側に貼り付けておき、家に帰ってから無水アルコール漬けにします。これが一番簡単ですし、データも書き込め便利です。


PS.
興味深いワールドニュースをお知らせします。















[PR]

by itoshiro-sp | 2016-08-12 17:54 | 魚のはなし