残日備忘録その4 Fly Fisher1998年12月号

a0108792_22453351.jpg
 Fly Fisher誌の1998年の12月号に「21世紀の渓景色へ第6回岐阜県/石徹白川」として掲載された前年8月に佐藤成史氏が石徹白川に3日間滞在し取材された。
当時、私たちは「在来渓魚を殖やす会(C&R)」という名称のFF同好会を作っていた。なんとも堅苦しくFFの会とは思えない和風調である。(この名称についてはまた機会があったら語る)
あの取材時にはメンバー15人ほどが参加したはずだ。真夏の渇水で撮影用の魚が釣れなくて困ったのを覚えている。
 あの時、連れて行った中学生だった息子にとっても忘れられない思い出があるという。取材で行った養魚場のおじさんが弱ったアマゴをまったくの躊躇もなくニヤニヤしながら生きたまま何匹も地面へ投げ捨てたシーンが悲しくて今もそれが反面教師となっていることや、渇水で釣れない大人たちの中で唯一イワナを釣りあげ佐藤さんにとても喜んでもらえたこと、そしてその影には付きっきりでサポートしてくれたY村さんというメンバーが自分はロッドを持たずについてくれたことが忘れられず、それ以来自分が人をサポートするときはロッドを持たないときめているという。子供は親が知らないうちにいろいろ学んでいるものだ。その彼が、今石徹白に住み付き父親になろうとしてる。生まれてくる子もたぶんやさしいフライフィッシャーになってくれると思っている。

 今この記事を書いていて嫌な事件を思い出してしまった。この取材に至るいきさつは、その前年に埼玉県の大宮で開催されたトラウトフォーラム主催の佐藤氏と島崎憲司郎氏の講演会に参加したご縁からだったわけだが、佐藤氏の取材を受けFly Fisher誌に掲載されたことで後になってトラウトフォーラムの事務局長からえらく理不尽なお叱りを受けることになった「あの人(佐藤氏)が関わったところは全部ポシャッてるんだから」とかなんとか?とこっぴどく恫喝された、私の知る限りそんな話はほかで聞いたことはないし、その意味不明の不条理さに困惑し、その時を境にトラウトフォーラムとはすっぱりと縁を断った。事務局長、名前も忘れちゃった?なんか印象の薄っぺらい人だったな。
この件は今でも理解に苦しむが、トラウトフォーラム=フライの雑誌社としては石徹白川のことがFly Fisher誌に掲載されると聞きよほど腹が立ったのか?
思い出してもなんだか業界人の闇を見せられたような嫌な事件だった。トラウトフォーラムってのも有名人の名前を連ねて会員募集して実態はなんだかよくわからない団体だった。っていうか今も活動してるのかな?

 我々からすれば、佐藤さんとは本当に良きアドバイザーとして長い信頼関係を築けたわけだから、あんな事件があったのも案外よかったのかもしれない。

a0108792_22462441.jpg
a0108792_22465438.jpg
a0108792_22472460.jpg
a0108792_22475493.jpg
a0108792_22482502.jpg
             本流の下流部で道路から望遠でレンズで撮影してくれた
               私のとっておきの写真である(撮影 佐藤成史氏)

                            その5に続く・・・・。       



[PR]

by itoshiro-sp | 2018-10-19 08:07 | 石徹白川C&R残日備忘録  

<< 残日備忘録 番外編 越前のテンカラ師 残日備忘録 その3 C&Rもい... >>