真竹フレームネット

a0108792_14473841.jpg

セットの20/1号です。
作者は、岐阜県在住の土屋真一氏です。T、Craftのハンドメイドネットといえばけっこう有名ですよね。
http://www.t-craft.info/
彼もまた、吉田とは旧知の仲で吉田が毎年出展している米国のフライフィッシングタックルショーにも共同出展しています。
今回別誂石徹白セットのオーダーにあたり、真竹をフレームに使用して貰うことだけを条件として後はすべて彼の感性におまかせした結果さすがというような素晴しい逸品ができました。

a0108792_14481648.jpg

PS,
以下が作者土屋氏のコメントです。

「ブランクと同じ真竹を使用するフレーム材の整形は、曲げ矯め矯正した竹材を、鉋で添付写真のような状態に整形し直し、表皮側を極力残すようにして行います。表側がそれぞれ外側を向くよう接着するため、表面強度は最大限に丈夫になります。オイル仕上げされた丈夫で美しいネットは、合理的に耐水強度を満たす、独自の塗装手法の賜物と自負しています。ウレタン塗装では表現できない自然で潔い木肌は、木が好きな人には溜まらなく魅力的なハズです。」

フレーム材料は真竹と栃材、グリップ材には栃のバール、もちろん限定セットの証となる佐藤成史氏デザインのメダルがあしらわれ、また20本限定のシリアルナンバーもはいります。
[PR]

by itoshiro-sp | 2007-08-13 19:44 | リール&石徹白グッズ  

<< たくさんのご訪問ありがとうございます オイルフィニッシュのこと >>