<   2018年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

 

残日備忘録 私感フライフィッシングとC&Rの関係

a0108792_05123224.jpg
a0108792_05112960.jpg

私感

              フライフィッシングC&Rの関係


 フライフィッシング(以後FFと略す)は一般的な釣りとは基本的な価値観が異なる。一言でいうなら、あえて難しい釣り方に挑戦する価値観だと思う、つまり他の釣りでは魚を得るという目的が価値観の基本となる。

ただただ魚をたくさん釣りたい(ほしい)だけの釣り人ばかりなら、エサ釣りのほうが簡単に釣れるのだからFFなんかする人はいないだろう。

FFは西洋式の毛ばり釣りだが、日本にもテンカラとよばれる毛ばり釣りが昔からある。FFとテンカラの違いを一言でいうと、テンカラは直感的、FFは理論的で科学的。

FFの場合はリアルなイミテーションフライをナチュラルに流し魚が安心して食いつくように仕向けるのが基本。

一方テンカラは単純でファンシーな毛ばりを使い動きを加えて魚が反射的に食いつくように仕向ける。動きで釣ることにおいては基本的な仕組みはルアーにとても近い釣りといえる。

ちなみにFFではフライのサイズ、色、形を合わせれば止水に浮かべておくだけでもゆっくりと食いついて来るような釣りが成立しそれこそがFFの究極の魅力でもある。だから反射的に釣れてしまったような釣れ方では不本意ということになる。このようにFFとテンカラでは考え方の違いは大きい。


 そしてキャッチ&リリース管理(C&Rと略す)は釣り場をありのままの生態系に保全できる唯一の方法だと思っている。

ただ残念ながらC&Rは日本人にはなかなか理解してもらえないが、FFをマスターした人にはC&Rの人が多い、その理由のひとつはFFは魚たちの生態を科学的に学習した知識で魚たちと知恵比べする遊びなので、そのためにおのずと自然環境に対する造詣も深くなり川の環境をできるだけ侵さない精神もはぐくまれるのだろう。

従来ほとんどの釣り場管理では釣り人が持ち帰って減った分を放流で補うスタイルが主流だが、この方法では養殖の魚を放流するために、そこにもともといる魚たちが命をつないでいくという当たり前の生態系ではなくなってしまい、いわば見せかけの生態系と言っても過言ではない。釣り人が釣りを楽しむために一番大切な魚たちの生態系を壊していいのだろうかと気づいてしまうと、心ある釣り人なら暗い気持ちになるはずである。

しかしC&Rが徹底できれば、魚は減らず放流が必要なくなり、魚たちによる再生産は復活する。後はほって置いても、他の生き物たちも含めた適正な生態系が築かれる。

ちなみにイトシロの峠川にあるわずか3.2キロのC&R区間ではもう15年以上もいっさい放流されていない、なのに橋からのぞけば魚の泳ぐ姿が一年中見られる。

C&Rは日本人にはなかなか理解されないスタイルといえど、現実にC&Rを実践する釣り人は少なからずいることも峠川で証明されているのだから、その人たちの行為が無駄にならない管理をするべきだと思う。

つまり、そのリリース主義の人たちがリリースした魚がちゃんと生き延び産卵して命をつないで行ける仕組みさえ作れば漁協はその分の放流を減らせて経営的にも助かるわけである。その上に昔のような生態系を取り戻せるのだから、何ともうまい話ではないだろうか。

C&Rのことが、善か悪かとか好きか嫌いかなんてことはどうでもよくてC&R主義者の行為をうまく利用すれば昔に近い自然の川がよみがえるという現実を素直にに認めるべきだと思う。


a0108792_05090424.jpg
a0108792_05090882.jpg
a0108792_05121480.jpg

 ちなみに今、渓流域の漁協多くの多くが経営が難しくなり先行きを心配されている、石徹白漁協でも同じように売り上げの落ち込みは深刻なようだ、そんな状況下でも少なくとも峠川のC&R区間の運営だけは絶対赤字に陥らないことを知ってほしい。



[PR]

by itoshiro-sp | 2018-11-14 05:16 | 石徹白川C&R残日備忘録  

残日備忘録 番外編 密漁2016

a0108792_08295171.png
a0108792_08295915.png
a0108792_08300557.png
       これらの画像は動画からの切り取り画像です。
a0108792_08304089.jpg
この画像はイメージ画像で、実際にはみえにくい所に設置しておいたので、幸いカメラは無事だった。
 

 
 これは2年前(2016)の11月の出来事である。
その日は本流に注ぐ小さな支流で大きなイワナのペアを見つけたので記録用にビデオ撮影を始めた。
産卵の瞬間がいつになるかわからないまま3時間以上も張り付いていた。今にも産卵しそうな状態は続いているしで、なかなか離れられず時間ばかり過ぎていく、しかしその日は他にどうしても済ましておきたい用があったので、しかたなく自動撮影モードにして30分ばかりその場を離れた。

 さて用を済ませ戻ると、イワナのペアはどこにも見えない。
急いでカメラを確認する、なんとまあ~の光景が~・・・・!!!。
青い長靴の人物が10分ほど暴れまくってるではないか。
カメラは固定でイワナペアがしきりに掘っていた部分だけしか映っていないので、全貌が映っていたわけではない、紺色の上下を着て青のツートンカラーにストライプ入りのかなり特徴的な長靴の人物としかわからない。この時魚が持ち去られたかどうかもわからないが、産卵を狙い昼間に堂々と密漁される実態と、なんとなく手慣れた様子から毎年こうした行為が繰り返されているようにも感じた。
この時期になるとご漁場を順番に回っているのかもね・・・・?

今回はとんだトホホな話でしたが、ただ私が知る石徹白の人たちはほとんどが農協で購入する白い長靴であることだけ伝えておきます。




[PR]

by itoshiro-sp | 2018-11-03 09:19 | 石徹白川C&R残日備忘録  

残日備忘録その9 在来渓魚を殖やす会(C&R)

a0108792_07585743.jpg
a0108792_15173816.jpg
            11月2日、白山はもう真っ白
a0108792_07590200.jpg
            石徹白では雪囲い作業真っ盛り
a0108792_15173480.jpg
今年もNHKがイワナの産卵を撮影中(良い瞬間が撮れたようですしかも4Kで)
   イワナの産卵はすこし遅れているみたい、これからが本番かも?

 石徹白での活動は「在来渓魚を殖やす会(C&R)」という名称でスタートした。
名前は和風だが、フライフィッシングの同好会であった。
名前を決めるとき「Itoshiro FryFisher's」というようなフライの会らしい名前のほうが、という思いもあったが、思想が伝わることを願いこの名称にした。
やはり良い選択だったと思う。読んで字のごとく日本人なら誰にでもわかる言葉なので、よそ者の集まりでもわりに警戒されず受け入れてもらえた気がする。
いきなり横文字のグループがきてキャッチ&リリースなんて言ってもなかなか難しかったと思う。

C&Rを導入して在来渓魚を殖やしていこうということなので、増ではなく殖を使った。増は放流して増やす意味が強いような気がして、殖という字に魚たち自身による自然再生産で殖えてゆく願いをこめた。
この「殖」こそが私たちが考えるC&R活動のバックボーンである。
濃密放流とC&Rでたくさん釣れる釣り場つくりを目標とする考えの人達は会を離れていった。もとより会を大きくするというような気は一切なく「来る人拒まず去る人追わず」だったのでいつも少人数でやってきた。
そのスタンスを貫くためにも会の名前は有効だったと思う。

活動をはじめてわかったことはC&Rとは減らさないための行為である。
本当は「在来渓魚を減らさない会(C&R)」のほうが妥当だったかもしれない。

そして「在来渓魚を殖やす会(C&R)」は2003年の6月をもって解散宣言をした。
にもかかわらず、そのイズムだけは今も石徹白川に息づいているし、
「在来渓魚を殖やす会(C&R)」という名前は今もなお、忘れられることはなく、
私なんかいまだに「在来渓魚を殖やす会の〇〇さん」と紹介されることが多い。

あまり知られてないが今は「Itoshiro C&R Network」という名称でC&R普及活動を続けているので今後ともよろしく。

      その10につづく・・・・・。





[PR]

by itoshiro-sp | 2018-11-02 08:07 | 石徹白川C&R残日備忘録