石徹白モデル、籐巻き漆仕上げ。

a0108792_1055661.jpg

ブログトップのタイトル画像が気になる人が多いらしいので紹介しておきます。
コスメの部分はあまり力を入れない吉田ロッドですが、やる気になればこのくらいのものは出来るっていう吉田ロッドの高級石徹白モデルです。
8フィート3インチ4番、3ピース、表皮モデル、籐巻きグリップ、桜材リールシート、シルバー金具、ウルシ仕上げ、と豪華ワンオフ仕様です。
ほんとは表皮モデルにウルシまで塗る必要ないんですけど、ウルシならではの艶はなんともいえず、日本の伝統塗料ウルシ、いいもんですよね。
ただし、これだけ凝ると仕上げに掛かる手間はそうとうなもので、こんなに手のかかるモデルは、残念ながら今の体の状態では、もうとても引き受けられません。
歴史に残る一竿かな?ちょっと大げさな表現ですが、吉田は、いつも、もう二度と作れないかも知れないと思い懸命に作っているわけですから・・・。
[PR]

# by itoshiro-sp | 2012-06-26 11:14 | ロッド  

フライフィッシング簡単入門ガイドブック

a0108792_7415171.jpg

石徹白の小学校で子供達にフライフィッシングhttp://itoshirosp.exblog.jp/10702164/を教えるようになってから、今年で4年目になります。2年目からはテキストとして簡単入門ガイドを手作りし子供達に配ってます。
子供にわかるように本当に必要なことだけを簡単に簡単に編集してあります。渓流という自然の中で遊ぶための心得やマナー、危険についてもわかりやすく解説してあります。それでも15ページでおさまりました。フライフィッシングって横文字が多く妙にむずかしくしているようで敷居が高いところが有るけど、編集してみて実際ははこんなに簡単なんだとわかりました。
大人の入門用にもこんな簡単ガイドブックがあったら、もっとフライフィッシングをやる人が増えるんじゃないかな。釣りの中でも自然の大切さがよく理解できる遊びだから多く人にやってもらいたいと思います。

小学生でもフライは自分で巻きます。
自分でフライを巻かなくてはフライフィッシングのホントのおもしろさはわからないと思うからちゃんと教えますよ。
ついでなんでイトシロとタイトルのついたオリジナルフライを3種紹介します。
a0108792_1073744.jpg

Itoshiro Dun 20
イトシロダン20、カモのお尻の周りの毛1枚で簡単に巻けるカゲロウ、ユスリカ、ガガンボまで対応の万能フライです。20番の小さいハリに14番サイズに巻いておき現場で必要に応じハックルもボディーもハサミでカットすることで1本のフライで14番から20番サイズまで対応できます。くしゃくしゃになったらニンフとしても使えっても実績アリです。
a0108792_1075495.jpg

Itoshiro Sedge 18
イトシロセッジ18、イトシロダンと同じものを18番のハリで作りエルクヘアーかディアヘアーを少量かぶせトビケラとカワゲラをイメージします、こちらもカットすれば18番サイズまで小さく出来ます。エルクヘアーはうすくプアーにのせるのがコツです。
a0108792_1081564.jpg

Itoshiro Para 18
イトシロパラ18です。18番のハリにニワトリの首毛1枚で胴体(エクステンド)と尾を作りパラシュートハックル用にもう一枚、合計2枚のフェザーだけなので軽くてよく浮きます。とにかく沈まないのが一番のウリです。叩きあがりの時のパイロットフライに最適です。繊細そうに見えますがちゃんと作ってあればとても丈夫で5~6匹釣ったって壊れません。

以上の3種はどれもイトシロで生まれたオリジナルフライです。少ない材料で簡単に巻けサイズの応用が利きます。簡単過ぎるので毛ばり巻きの入門用フライとお考えください。ベテランになったらもっと高度なフライをたくさん巻いてくださいね。3種ともハリは小さいですが、あまり細い軸のハリじゃなければ大型魚がきても大丈夫、
http://itoshirosp.exblog.jp/6063430/
現場でじゅうぶん実証済みですから、というよりハリが小さいので違和感が少なく長くくわえていてくれる気がします。
ぜひ自分で巻いてみて下さいねもっと詳しい巻き方が知りたい方はメールにてお問い合わせください。
[PR]

# by itoshiro-sp | 2012-06-25 08:06 | イトシロ  

テーパーデザイン&ワンピースロッド

a0108792_11201088.jpg

とても貴重な吉田の真竹ワンピースロッドです。
低番手ロッドのワンピースはこの一本を作っただけ、三河産の真竹を使用し2001年末に製作されたプロトタイプです。全長1840ミリ、柔らかいんだけど真竹らしさ(パリッとしたシャープさ)は失っていない、2番ラインがベストマッチ?3番でもおもしろいかな?の1本。ナチュラルスローテーパーと呼んでるんですが、このロッドのテーパーは、実は野生の真竹の平均的なテーパーをそのままコピーしてスケールダウンしたものなんです。つまり、テーパーのデザインは自然(ナチュラルスロー)のままといえます。曲がりこんでいくどの段階でも一箇所に無理が掛かることがないという、自然が作った完璧な複合テーパーデザインなんです。
吉田ロッドのスローなタイプは、すべて、このプロトタイプロッドのテーパーを基準にデザインされています。

ワンピースってむずかしいんですよ、というか、ブランク製作においてプレーニングフォームより長いものを削るためにはフォームの上をずらしながら削るしかありません、いい加減でよければむずかしくもないのかもしれませんが、完璧に削ろうと思うと大変なんです。そのあたりのところを、一度見てもらいたいものです。

じつは今回、役目の終わった他の在庫品?と一緒に販売に回す為の、お色直しに際し、2ピースにしてしまう話もあったのですが、いかにももったいないと思い、ワンピースのままで発表することになりました。興味がある方がございましたら、ご連絡ください。
ssmkj@apost.plala.or.jp アトリエKANまで

a0108792_1435284.jpg

右側に並んでおいてあるのは、鈴竹(高野竹)のワンピースロッド、7フィート8インチ、3番2009年に私がロッドに仕立てたたものですが、これこそ正真正銘の地面から生えてきたままのロッドといえます。こんな竹はめったに見つかるものではありません。あまりに貴重なので、いつかキャッツ・キルのFFミュージアムに寄贈したいと考えて保管してあったのですが、真竹ワンピースと較べてみたくなり久しぶりに振ってみました。
なんと、これがまた、とても似ています。長さは違うにも関わらず両手に一本づつ持って同じように軽く振るのを横から見ると、見事にシンクロしたベンディングカーブを描きます。偶然でしょうか?これぞナチュラルスローテーパー、振り心地も見た目も、じつに無理のない心地よいアクションです。
どちらもワンピース、継ぎ手(フェルール)が無いと、こうなるんだよね、持ち運びのことを考えなくてもよければ、フェルールなんて、やっぱ無いほうがいいパーツなんだよな~。

a0108792_14291942.jpg

真竹にはコルクグリップ&柿クジャク杢リールシート(グリップ短かっ)
鈴竹には布袋竹グリップ&Itoshiroリールシート



a0108792_18252724.jpg






アトリエKANの自家製柚子なんばん
(試食用サンプル無料配布中)
クリックしてサンプル希望とメールして下さい。

サンプル問い合わせフォーム
柚子なんばんパンフレット(PDF) 
 yuzunanabanA.pdf
「柚子なんばん」FAXご注文用紙 
yuzunanbantyuumonnsho.pdf

御嵩「柚子なんばんの公式サイトです。
http://yuzunanban.blog129.fc2.com
[PR]

# by itoshiro-sp | 2012-06-20 12:04 | ロッド  

第11回石徹白フィッシャーズホリデイ

第11回石徹白フィッシャーズホリデイがすばらしい天気のなかで無事終了いたしました。
参加してくださった皆様に御礼申し上げます。

a0108792_621953.jpg




a0108792_6283638.jpg


http://itoshironews.blog62.fc2.com/blog-entry-241.html
こちらでも紹介されてます。


[PR]

# by itoshiro-sp | 2010-06-09 06:24 | イトシロ  

五月晴れ

五月晴れの1日石徹白小学校の釣りクラブのお手伝いに行ってきました。
フライフィッシングを教える子供は3年生以上全員で6名です。

a0108792_1275389.jpg


6年生のケンタ君が見事な岩魚を釣ってくれました。

a0108792_12104639.jpg


人生初めての大岩魚でしたが、なんの躊躇もなくバイバイってリリースしてました。
彼にとって、一生心に残る出来事なんでしょうね。

a0108792_1294315.jpg


石徹白岩魚、背中の白点は少しこまかいですがもちろんニッコウイワナです。


6月5日6日は第11回石徹白フィッシャーズホリデイです。
アトリエKANもヨシダロッドも両日とも出展しておりますので、よかったら遊びに来てください。


[PR]

# by itoshiro-sp | 2010-05-28 12:17 | イトシロ  

ヤマト岩魚ー2

背部にまったく白点のないタイプのヤマト岩魚がやっぱり生息していました。
仲間のOが釣ってくれたんですが、こうなるとやっぱ矢作川の在来岩魚はこんなタイプだったんでしょうか?

a0108792_1147112.jpg


というわけで、以前から怪しいと狙っていた谷の調査にいってきたんですが・・・・・?。
滝をいくつも越え死にそうなおもいで源流までいって釣れたのは結局こんなんでした。
あ~謎はふかまるばかりです。

a0108792_11474986.jpg


下の画像は仲間のOがこの水系で昔釣った岩魚ですが、これもかなり完璧なヤマト岩魚です。
明るいカラーのヤマト岩魚です。この水系のどこかにこんなタイプのヤマト岩魚たちの一群がひっそりと暮らしているんでしょうか?だとしたらまさに瀬戸際の在来個体郡ですから、今のうちになんとかしたいものです。

a0108792_11482242.jpg

[PR]

# by itoshiro-sp | 2010-05-28 11:59 | 魚のはなし  

ヤマト岩魚

はじめに表皮モデルの画像つき詳細の件ですが、なかなかエントリーできません、申し訳ありませんが今しばらくお待ち願います。

そんなわけで、今回は魚のお話です。

a0108792_1824473.jpg


a0108792_18243079.jpg


白点のまったく無いタイプのヤマトイワナです。
撮影場所は矢作川水系、この魚は川で出会ったエサ釣りのオヤジが見せてくれたビクの中にいた一匹です。そんなわけで死んでいたのが残念ですが無理を言って写真を撮らせてもらいました。矢作川水系は長野県から流れ出し愛知県は三河湾に注ぐ河川なんでこの川の在来イワナはヤマトイワナでなくてはならないはずですが、漁協による放流の影響が大きかったのか釣れてくるイワナは白点ばっちりのニッコウ系イワナばかりだったので、ヤマトイワナはこの川にはもういなくなってしまったのか、それとも もともとこの水系のイワナはニッコウ系のタイプだったのかと少しあきらめかけていたところだったのです。・・・・・・・・続く
a0108792_2383930.jpg

いままでに釣った岩魚のほとんどがどこにもヤマトイワナの痕跡がないこんなイワナばかりだった。
矢作水系はヤマトイワナ水系ではなかったのかも?と思い始めていた。
[PR]

# by itoshiro-sp | 2010-05-09 18:52 | 魚のはなし  

夏の思い出2008

a0108792_13364651.jpg

8月、朱点魚の渓へ・・・・。
a0108792_1337731.jpg

完全なる朱点魚
a0108792_13373520.jpg

野生ニジマスの川にて。
a0108792_13383786.jpg

立山より遠景、我が憧れの頂、「剱岳」がチラリと。
a0108792_1153892.jpg

標高850M山岳渓流にて真っ昼間サイトで釣ったニッコウイワナ35㎝。
[PR]

# by itoshiro-sp | 2008-09-06 13:44  

明けまして おめでとうございます。

a0108792_9155089.jpg


いかがでしょうか?六角の日の出です。
バンブーロッドマニアならおもわず拝んでしまうような画像ですよね。
この画像は和竿作家のTOSHIさんがわざわざから送ってくださったものです。

今年もよろしくお願いいたします。
[PR]

# by itoshiro-sp | 2008-01-04 09:25  

別誂石徹白がキャッツキル・ミュージアムの展示物に

a0108792_16335276.jpg


なんと「別誂石徹白セット」がアメリカはCatskill Fly Fishing Museum(キャッツキル フライフィッシング博物館)の展示物となることになりました。冒頭写真は展示物として寄贈する時の模様(左から土屋、吉田、Jim Krul, Executive Director)。

先月、吉田とTクラフトの土屋がキャッツキル ミュージアム主催のフライフィッシングショーに出展したことはお伝えしてあったと思いますが、その折の展示品として「別誂石徹白セット」の20/5番(ダスク所有物)をお借りして持って行ったことから今回のミュージアム展示物として寄贈する話にまで発展してしまったのでした。
まったく、奇跡的にさまざまなタイミングが一致した結果であり、ダスクさんには大変申し訳ないことになってしまいましたが、おかげで吉田のステータスはアメリカにおいてもより高いものになったことは間違いありません、もちろん、もうすでに吉田の竿はネルソン・イシヤマやペア・ブランディンからも高く評価されいて吉田にブランクを卸してほしいというメーカーも存在するほどなので、今回の出来事はタイミングもさることながら今まさにそんな時期が来るべくして来たというだけのことかも知れません。それと今アメリカのロッドビルダーたちの多くが吉田のロッドの材料である真竹のポテンシャルについても高い評価をし大きな興味をしめされているのでひょっとしたら近い将来真竹が材料としてアメリカにわたる事になるかもしれない。
いずれにしても「別誂石徹白セット」にまた一つ大きな伝説が加わったわけです。もちろん「やまめ工房」石井作のリールも「T-Craft」土屋作のネットも海外進出ということで今後どのような評価されるか(もちろん品質には大いに自信がありますが)企画者としまして誠に楽しみなかぎりです。また、現在吉田ロッドをお使いの方や納品をお待ちの方々にも、けっこううれしい知らせではないでしょうか。
なお、シリアルナンバー20/5を取り上げることになってしまったダスクさんには20/14が差し替えられることになっておりますのでお許し下さい。

このあたりのエピソードはキャッツキル・ミュージアムのホームページにもエントリーされております。
[PR]

# by itoshiro-sp | 2007-12-06 16:17 | ロッド